忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136]
たくさんの方のご来訪、ありがとうございます。

ルアーと魚と水平線のNさんからは例の背景を慌てて
モザイクで隠したオリジナルの写真データや、実際に
K川で起こってるトラブル・・・・を教えていただきました。
聞けば世紀末救世主伝説もいいところの末期症状。
助けて、ケェーーーン!!!

年齢がほのかに漂うネタは忘れたことにしておいて、
今回は少し違う視点から記述します。


【1】魚体が傷つき過ぎ。

ぶっちゃけジャギレベル。
この写真なんかワシからするとドン引きです。
どっか大事なとこが麻痺しとるとしか思えん。

Nさんによると、あの地点は川の水面から8m
くらいあるそうです。
タモ使用にしても魚がコンクリに擦れてこうなる
可能性大だとか。

で、胸ビレの裏側へなんかダンゴムシみたい
のがくっついてますね。
寄生虫です。血をチュウチュウ吸う。
こいつらは海に住む連中で、ガッツリと魚の
体表面に癒着しとります。殻も硬い。
お魚は手が無いので剥がすことはできません。
しかも胸ビレの裏側と来た日にゃ・・・

だから、汽水~準淡水域まで入り込んでくる。

浸透圧の変化で寄生虫を弱らせて退治しようと
河川内へやってくるわけです。

まあ、薬湯治療みたいなもんですね。

その魚をコンクリにブチ当ててウロコ剥がして・・・
その場は元気かもしれんが2日以内に死ぬわ!!


【2】群れてるお友達は?


この記事
「まずはトップチヌ初めての天野さんに一本釣って
もらおうと見えてるチヌにアプローチしてもらうと、」
とあるわけですが

・・・天野さん、貴方も現地で釣り禁止の看板を
見まくってますよね。
で、8mのコンクリ護岸に魚をブチ当てながらの
ドヤ顔ねえ。

言わずもがなです。


唯一同意できるのは、シルバーポップ60はいいルアー
だということ。ワシ世代だとアームズポッパーという名前
でしたけどね(死兆星を見つめる眼で)。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]