忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155] [154] [153] [152]
Nさんからニセカナモ君の記事が掲載されてるとのことで、
amazonポチで「ルアーパラダイス九州」No.13を購入。

わざわざ買うこともないんじゃ・・・・とツッコまれたが、
ワシ的には久しぶりに購入する釣り雑誌である。
村岡氏が立ち禁の看板を背にドヤ顔でセイゴの
釣果を誇った写真のSalty!以来だ。


まあ、なんというのでしょうか。

「釣る人+ライター+写真」という形式に一種の
まどろっこしさを感じてしまう。

ニセカナモ君の記事は可もなく不可もなく。
本家カナモのデッドリバーをアレンジしただけ。
そして、記事の後にnada.japanの広告。

なるほど、nada.japanはあの時点できちんと
謝るわけにはいかんわな。
記事と広告がセットなんだから、まともに謝罪したら
削除必至。しかしどう見てもnada.japanのお手盛り
ページ買い取り取材企画。
現実的に無理。
適当にごまかすしかないわ。

対して、いろんな意味でのレスポンスの速さで
fimoとかいうのは一定以上成功したんでしょう。

有名?アングラーとも対話できちゃったりするしね。

ワシの感覚ではやたらにメディアへ露出している
テスターの八割は自慰意識過剰なヤカラなので、
そもそも会話が成立しない・・・
だから、たまに社会規範がしっかりしている業界人と
話をするとなんだかDokiDokiしちゃうぜ。

アルカジック・ジャパンさんにはかなりDokiDoki
させていただきました。



PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]