忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158]
新しくカテゴリーを設定して初の書き込みがコレというのも何ですが、



2ch釣り板のあるスレッドに書かれてありました。

正直、今となってはコレが本当かどうかというのは自分の中でどうでもいい
レベルの話なのですが、かつての必要以上に過熱していた
(つまり、利害関係者以外にとってはあまり関心を持たれない)状況では
ありうる話です。

確か、県職員の中でガチガチの駆除派(と当時規定されていた)の人が
いましたなぁ。

もし、こんなことで本当にクビが飛ぶ、もしくはどこぞへ吹っ飛ばされる
ようなことがあったとすれば、つまんねえ話です。


秋月岩魚師の悠々自適ぶりを見習っていただきたい。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]