忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は残り二つのうち、一つが到着しました。



売り手さんによれば、「8cm 9g」とのこと。
しかし、宣伝用の写真ではワンダー80ほどのボリュームは感じない。

やっすいので、とにかく購入してみました。

一個あたり、送料無料で210円ほどです。

あれれ。



上のが、昨日到着した「7cm 10g」。
下のが、本日到着分の「8cm 9g」。

ボディは全く同じものでした。
アイを除く全長は、7cmです。
下のを伸ばして、両端のスプリットリング込に
すると、8cmになります。

兄弟が増えたということで結果オーライです・・・

先着「7cm 10g」は箱入りで『藍翼精工』というブランドを
名乗り、平打スプリットリングはボディに対して少し大きめ、
センターバランスフックの方向は正解でした。
降着「8cm 9g」は無銘の袋入り(中古屋さんでよくみかける)、
ボディに合った平打スプリットリングが計3個装着。
例のSTもどきが標準装備はありがたいですが、針の向きは
あさってでした。
さすがにあさって方向なのは修正してやる!

それぞれ折々に試していこうと思います。
弾数が増えた安心感はありますねえ。

********************

こいつらのレビューで、
The durability of the middle loop in the body is at big question.”
(意訳:ボディの真ん中のアイの耐久性、大いに疑問やね。)
というのがあって、どういうこっちゃと思っていたのですが・・・
2枚めの写真でおわかりのように、エイト環じゃないんですね。
すぐどうなるもんでもないとは思いますが、70後半のスズキが
掛かって暴れたらと思うと、かなりドキドキしちゃいます。

そう考えると、日本のメーカーのルアー作りは良心的だなあと
改めて感じます。

フ◯ッタース◯ィックの7cmが釣れると言われつつカタログ落ち
したのも、ここらへんに事情が・・・いや、これは◯ラッタース◯ィックの
完全コピー品じゃないから!!!たぶん。

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]