忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[173] [172] [171] [170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



6.5cm 10gという、小型で重めのシンキングペンシルです。
日本で販売している製品ではあまり見ないスペックなので、
ボラっ子のイメージにて購入してみました。
送料無料で1個1.99ドル、230円しないくらいですか。
追跡なしの普通郵便扱い、China Post Ordinary Small Packet Plusで
19日かかりました。

疑似フ◯ッター◯ティック 7cmとは違い、アイはボディに
対して太めの線径のエイト環です。
それがイコール直接強度の担保ではないにせよ、
安心感は倍増。
また、外殻も厚みがありますね。

このボディーデザインですが、日本のブランドでは
売っているのを知りません。
・・・最近の事情に疎いのもありますが・・・
また、売り手さんによってサイズのバリエーション・
重さのバリエーションがいろいろとあります。 
中国オリジナルデザインのルアーなのでしょうか。

ワシ個人としては一連の購入分で最も興味を惹かれた
商品です。北西の風が収まる頃には実釣を試してみます。

なにか、「中国からの釣具の個人輸入って、ハードル低そう」
みたいな印象を与えているかもしれませんが・・・
次回更新はそのあたりについて書いてみます。

PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]