忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[109] [108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99]
明日はアレが起こって20年ということだ。
僕は20年、それを自分なりに追求してきた。

自分なりに、とは・・・同じようなことが身近に起こってないかということだ。

あの時点で僕は全く無力であった。戦争とは何ぞや。
アレだ。不可逆だ。
学芸高の報告書未完成 上海列車事故19年

不可逆とは何ぞや。
僕は泣かなかった。その泣かない自分は何なのだろうと思った。
顧問の先生を失い、布団を被って慟哭する友達。
ソレを見つめる眼の冷静さを以って、自分はちょっと冷酷過ぎるのでは
ないかとも思ったが、根っこの部分でソレが揺るぐことも無く、観察は
続いたのである。

コトワリとは何ぞや。情動とは何ぞや。

そして、政とは何ぞや。

明日は20周年?とかで、学校へ行ってみます。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
下手すると、巻き込まれていた可能性もあったの?拾った命、お互い大事にしませう。
ブラ汁 2007/03/24(Sat)01:29:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]