忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95]
先日の高知新聞・県議会における文化環境部 部長さんの答弁によると、
『高知県鳥で希少種であるヤイロチョウが指定候補種へ挙げられなかった』
理由について、
○生息域保全の為に保全地区を確保する必要があるが、地元地権者との
折衝の問題もあり、現状具体的な保全施策が行いにくい状況であるため、
今回は対象外とした(※鳥類は全て対象外)。
という意の記載であった。

詳細については後日県議会のHPで検索可能になると思われる。

つまり、「絶滅危惧種である」ということが即「指定候補種」ということには
必ずしも繋がらないということが示されたわけだ。

「アカメが高知県絶滅危惧1A類だから指定候補種になったのだ」
という意見については、若干短絡に過ぎるという気味である。

しかしながら、状況としてはそのように捉えざるを得ないかのような
公的立場の人間の発言もあったわけであり、一概にそれが完全に的外れ
とは言えないだろう。少なくとも、鳥類の候補種選びに携わった部会よりは
安直な結論へ達していた感はするのである。

県鳥ヤイロチョウで研究者側の総意として非常に現場及び事務方の
事情を考慮した結論へ落ち着いたのに対し、
高知県の汽水域の固有種であるアカメに関しては些か安直かつ
不合理な結論が導き出された。

ここでヤイロチョウとアカメが検討された経緯を、理の天秤にかけた
ならば、やはりヤイロチョウに関する決断へ重きが置かれるであろう
と考える。

決めてしまえば以降、その流れに沿って全てが流れていくのである。
後世においてその是非が問われる時には、決める前の正当性というのが
最重要視されるのが常だ。

そういう意味で僕も今一度謙虚になって、詭道を採らず回り道をしながら
でも地道によりよい方策を模索していこうと思う。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]