忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

外に出れば空を見上げ、地へ這いつくばって虫の往来を
観続ける。
そういう時間の消費の仕方なのである。
「釣り」が嗜好へ分け入ってくる要素はあまり見当たらぬ。

観察を能動的な形態へシフトさせると「釣り」になるのであろうか?
観察は、あくまで受動的に見護るカタチである。
対象生物の生活圏や活動へ積極的に関与・蹂躙する「釣り」は、
おおよそ観察者の取る手法だとは思われぬ。

フィッシュ・ウォッチングでは飽き足らぬ、モノ言えぬ魚に対して
一方的に何かを要求(または押し付け)しているのが“釣り”なのかもしれない。

そういう意味では、僕個人の適性は「釣り人」と異なるようだ。
「み~て~る~だ~け~」でも十分幸せなのが本当のところである。
他人と一緒に釣りに行く時は竿を振らずにガイドへ徹する。
そこに何らの悔しさも嫉妬もない。
単純に一番良いタイミングで一番よい場所へ入り、一番よいピンポイントに
一投目で投げ入れれば、釣れなくても魚の反応はあるはずだ。
魚の反応がありさえすればそれでよいではないか!・・・

と、思うのだが。

「釣り人」だと自覚している人種は・・・そうではないだろう???

琵琶湖でスポーツフィッシング&ニュース誌開催のタッチ&リリース大会が
行われたとき、偽善を感じたと同時に軽侮をも感じたのは

僕はタッチ&リリースでも十二分に幸せだが、やってる君達は物足りないだろう?

あまりに自分らの性癖を知らなすぎるのではないか。
自分らを知らない連中が他人をむやみに批判しても無駄であろう。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]