忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[47] [46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37]
>質問:
>直木賞作家の坂東眞砂子さんは、
>子猫が生まれると崖に投げ捨てて殺しているらしいです。
>坂東さんは「避妊手術も、生まれた子猫を殺すことも同じこと」と
>言っていますが、私からすれば残虐行為としか思えません。
>学校の授業でも「飼い猫も人間も幸せに暮らすには?」
>という題材で話題になりました。
>猫の意思を無視して避妊手術をするのはひどい。
>子猫を殺したり捨てたりするのはもってのほか。
>子猫がたくさん生まれても家では飼えない。
>結局は解決策が見つかりませんでした。
>避妊手術もしないで、子猫を殺すことも捨てることもない方法は
>何かないでしょうか?
>(東京都 新田美紀子 中学生)

>回答:
>オス飼えば?
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]