忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43] [42] [41]
(2006年8月17日 読売新聞)

【以下引用】
>国の天然記念物・イタセンパラなど多様な魚類の生息域と
>なってきた淀川のわんどで、外来魚のブラックバスが激増し、
>「共食い」まで多発していることが大阪府水生生物センターの
>調査でわかった。
>わんどのブラックバスは、本流に比べて体長も劣っており、
>同センターは、エサとなる在来魚の減少による影響と判断。
>今年になって、イタセンパラの稚魚も姿を消したことなどから、
>「このままではわんどの生態系を維持できない」と、
>今秋にも国土交通省と協力し、一部わんどを干し上げて
>本格的なブラックバスの駆除に乗り出す。

>わんどは、本流の脇にできた入り江状の池やよどみ。
>淀川では、在来種の魚類で環境省レッドリストの絶滅危惧(きぐ)
>IA類に指定されたイタセンパラやアユモドキ、
>同IB類のイチモンジタナゴなどが生息している。

>近年、外来魚の増加が目立ってきたため、
>同センターがブラックバスの実態を調査。昨年からわんど6地点と
>本流の11地点で計822匹を採取し、体の大きさや胃の内容物を比較した。

その結果、わんどのブラックバスの方が本流よりも、
同じ月齢でも体長が約1~2センチ小さいことが判明。

本流での共食いは6匹だったが、わんどでは18匹と3倍に上った。
エサについても、本流では体長3センチ前後から魚類を食べ始めるが、
わんどでは6センチ前後でも胃の内容物の7割がプランクトンで、
わんどでの在来魚の減少がうかがえた。

>国交省の5月の調査によると、イタセンパラがまとまって生息していた
>城北わんど群(大阪市旭区)で、94年の調査開始以来初めて稚魚が
>1匹も確認されなかった。同センターと国交省淀川河川事務所などは、
>城北わんど群の一部を干し上げ、在来種を保護し、ブラックバスなどを
>駆除する一方、底泥やごみも除去して環境改善を図る。

>同センターは
>「わんどは今、ブラックバスの繁殖で危機的な状況にあり、
>効果的な駆除をして、在来種を増やしたい」としている。
【引用 終】
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
淀川大堰
 淀川大堰の問題に触れている人が、木村英造氏などの古くからの活動家だけになってしまったことは寂しいことです。
 一般的にも興味を引かないと考えられてしまったのか、報道もほとんどされなくなりました。

 大出水があって堰を開放したのと同じ状態になった年には外来魚の駆除なしに、多くのイタセンパラの稚魚の浮上が確認されました。しかし、今年は外来魚駆除お形だけでも行なったにもかかわらず、稚魚の浮上は確認されませんでした。

 淀川にはその集水域から湯水の如くいろんな仔稚魚が供給されます。外来魚もその一つです。しかし、それらの供給源にはほとんど流出対策は無い状態です。淀川に流入する仔稚魚の97%を供給する木津川流域(調査したのは大阪府淡水魚試験場、大阪府水生生物センターの前身です)は開発が進んでいます。

 また淀川のダム湖化は、淀川の流速にも変化を与えているのでしょうか。高槻付近に見られる土砂の堆積は、その影響かもしれません。また、大阪湾にも影響を与えているかもしれません。

 神戸空港は最近魚釣り場として雑誌やテレビによく取り上げられるようになりました。しかし、西側の海底は良好な状態であるのに、東側の海底はドブのようになり、無酸素化が進んでいるようです。これは瀬戸内海から大阪湾へと流れる海流が、神戸空港で遮断されていることが影響している可能性があるそうです。
 同じ様に、淀川の大阪湾への流入速度が遅くなればどうなるか、どんな影響を与えているのか、気がかりです。
辻井豊 2006/09/07(Thu)02:01:25 編集
補足
>外来魚の駆除なしに、多くのイタセンパラの稚魚の浮上が確認されました。

わたしが確認していないところではやってたかもしれません。
辻井豊 2006/09/07(Thu)02:06:22 編集
訂正
 淀川ワンドにおける近年のイタセンパラ稚魚の浮上数増加が見られた例について、

木村英造氏のサイト「淡水魚の窓」より「平成17年度上半期のご報告」から一部を引用します。
サイトURL
http://www.k2.dion.ne.jp/~ayumodok/
報告URL
http://www.k2.dion.ne.jp/~ayumodok/h17jouki_houkoku.html
***以下一部引用***
~また城北ワンド群における仔稚魚浮上数は2003年には7,839尾に達し、今までの最高を記録しましたが、再び危険な程の減少に転じています。この場合の増加は河川工事のために水位を下げたことに起因しているようです。(2004・河合)~
***以上一部引用***

 事実と異なる記述をしてしまい申し訳ありませんでした。
 訂正してお詫びいたします。
辻井豊 2006/09/08(Fri)01:27:52 編集
許せません
僕はこの駆除を許せません、もともと人間が持ち込んだのに用が済んだり自分に不利益な存在は消すなんてそんな無責任なことがあっていいのでしょうか?
在来種が減ったのは本当にバスのせいですか?
本当に人間は悪くないんですか?無責任な政治家や役人どもが護岸工事をしたこともあるんじゃないでしょうか?それをブラックバスに責任転換してすべてはブラックバスのせいにしていいのでしょうか?
この地球上での本当の(害)は人間なのではないでしょうか?
なにが差別をなくそうですか。なにが人権問題ですか。
命の重さは皆同じじゃないんですか!
それこそ  偽善  じゃないですか
じゃあ肉は食うなって?
それは生きていくうえで
はしょうがない事じゃないんですか?

いまやろうとしていることは完全なる 悪 です
ブラックバスが悪いんじゃない本当に悪いのは人間じゃないんですか?


y男 2009/01/16(Fri)23:17:25 編集
無題
シネ







NONAME 2009/04/17(Fri)17:43:27 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
気になる城北ワンドのイタセンパラ
 淀川の城北ワンドに生息する国の天然記念物イタセンパラが、どうも絶滅の危機に瀕し
URL 2006/09/09(Sat)10:22:55
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]