忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
《予断を防ぐするために、示唆等の内容については
あえて記載しませんのでご了解ください》


県庁へ入ってすぐ、受付で通知書を見せて
「情報公開コーナーってどこですかね?」
と聞くと、受付の女性が席を立って案内してくれました。

ここです~と案内されて扉を開けられるが、一瞬躊躇する。
なんせ「通路側八割方ガラス張り」なのだ。
これは普通に引く。丸見え。
長野のヤスヲちゃんの知事室もかくのごときか・・・
と感涙にむせぶヒマもなく、部屋へと案内され、職員の方に
速攻で声を掛けられる。

「まだ15分前なんですけど~(場所を確認したあとコーヒーを
飲むつもりだった)」と何故か弁解気味に通知書を渡すと、
「いいですよ~」と速やかに当該課へ連絡をとってくれた。

が、さすがに15分前ではまだちょっと準備ができていなかった
らしく、「すみませんがちょっと遅れます」と。
いや、早く来たワシが悪いんじゃ。生まれてきてすまんかった
思うとる。許してつかあさい。などと心の中だけでボケたりしてみる。

部屋の中をウロウロして資料を勝手に漁っているうちに
「アカメの国」の長野さんが来られる。挨拶。雑談。

そうこうしていると担当の方が降りてきてくれたようなので、
長野さんと共に部屋の東奥にあるテーブルへ。

個人名は措くが、文化環境部自然共生課2名の方に応対して戴いた。
非常に物腰柔らかく応対してもらいました。

公開された文書の内容は、
平成9年度高知県野生動物分布等調査委託業務(平成10年3月)
平成10年度高知県希少動物分布等調査委託業務報告書(平成11年3月)
平成11年度高知県希少動物分布等調査委託業務報告書(平成11年11月)
高知県レッドデータブック魚類・十脚甲殻類調査票

のアカメに関する情報、36ページ分。
特に幼魚生息域に関しては黒線が引かれてあるが、知ってる人なら
誰でもピンとくる場所ではある。つまり、ほぼ全面開示に近い。

長野さんから担当者の方へ
「パブリックコメントの時期はどうなります?」という内容の質問。
なかなか玄妙な答えが返ってきたのだが、シンプルに書くとなると
「伺った意見の内容如何によっては慎重に検討します」とのこと。

僕が
「何らかの形で会合を行う場合、出席を要請してもいいですかね?」
と聞いてみたところ、
「まだ種別の選定会合も一回しか行われていないので、アカメだけに
絞ったカタチで説明を求められるとちょっと困るのですけれど」
「条例一般について釣り人及びアカメに係わる有意の人に周知説明を
お願いするという主旨ではどうですか?」
「そういう主旨でしたらこちらもありがたいです」

と、いうことなので、もし会合をやる場合でも的外れの批判追求を
回避するような形の議事運営方法を考えないといけないかも。

和気藹々の中で終了。2名分コピーをとったあと、長野さんと
地下の喫茶室でコーヒーブレイク。他愛の無い話をしたあと、
後日の再会を約して散会となりました。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ご苦労様でした
 情報公開の面では滋賀県は進んでいるのかも知れません。滋賀県独自の外来種条例ですけど、随分前に県民情報室で会議(会議があったことは公報で知っていたので)の資料はないかと聞いたとき、まだできていなくて(公開用の資料が)と、担当者が自分の資料をもって降りてきてくれたんですよ。その場で電話連絡一発です。機密性からしたら心配ですが、そこはそれ、プロフェッショナルでした。そう言えば、昔新聞にも情報公開度が上位と出ていたような。
辻井豊 2006/08/24(Thu)00:04:56 編集
無題
明日の日曜日は水族館へ来られますか?もし資料を届けて下さるのでしたら担当者に事前に連絡して私も水族館で待つ様にしますが、ご予定を教えて下さい。
上杉一臣 2006/08/26(Sat)02:57:59 編集
どもども
辻井さん
なるほど。一応受け取り証明の書類も保管したいので、
僕的には若干面倒でも手続き踏んでのほうがありがたい
のでした。

アカメでミーティングする時には New釣り人専門官
城崎氏を省庁召喚してみますかね。
来ないとか返事があったら
「吉田幸二の横に座れてワシの横に座るのはイヤなんか?」

上杉さん
よく考えると今のシフトでは日曜が仕事なのでした。('・ω・`)
10月中旬以降はシフトも変わりますが・・・

早急に確認したいようでしたら郵送しますよ。

ところで、K校のS口先生の教え子さんなんですってね。
優秀だったと褒めておられましたよ。
ぴ~2 2006/08/26(Sat)08:45:55 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]