忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108] [107]
*アカメという生き物全般について

・木下先生によると、アカメの産卵行動は
月齢に強く支配されている。
稚魚の耳石等から逆算して推測すると、
大潮によって産卵が誘発されるのはほぼ確定的。
現在の多くの魚類も月齢に影響されて
産卵行動へ移るのはよく知られているが、
ある程度のバラツキは存在しており、
アカメのように大潮限定で産卵周期のピークが
来る魚種は非常に稀である。

アカメが現在の魚種よりもかなり古い時期から
生活様式を変化させていないという推測が
成り立つ。
そういう特殊な生活様式を持つ魚種が
高知や宮崎周辺限定で確認されることについて
学術的価値、その生息環境の価値
~~地域固有種~~が生じるのだろう。

・そういう意味で3~9月までの自主禁漁の
提案があったが、実際にアカメが沿岸部へ
寄ってきて釣りの対象になるのが
当にその期間であり、また夏休み中は
多くの遠征組が高知を訪れる。
現実的対応が不可能である旨お伝えした。

・コアマモ場保全は総体として結構なことだが、
その目的がアカメを増やすという論述には
疑問がある。アカメは高知県沿岸水域において
間違いなく生態系の頂点にあるのであり、
現在以上に個体が増えることに人間が手を貸す
必要を感じない。
ブラックバスやビクトリア湖のナイルパーチ
のような悲劇的予測が考えられる以上、
現在存在している資源の維持という線で
考えてもらいたい
・・・とのこと。
(以上 細川)

・コアマモ場だけではなく、
外洋寄りのテトラ帯や岸壁のカキが繁殖
している場所にも1cm~の稚魚の群れが
留まっている。

・よく見える場所で一旦見かけて数時間後
まだ同じ場所にいることがたびたびある。
が、釣れない。

・我々は釣り人であるので、対象魚云々に
ついては当然関心がある・・・
が、アカメだけを殊更に持ち上げる向きには
大いに疑問がある。
我々はあくまで遊びであって生計が
掛かっているわけでもなく、真摯な研究対象と
しているわけでもない。
ましてや政治的取引の対象として魚を持ち出す
というのは考えられないし、一部の強硬な主張を
する人々のやり方には腹立たしいものを感じる。
自然は保全すべきだが、
我々釣り人は自然あって成立している。

特にアカメ釣りは。
だから、今回の場合釣り人?が声高に自然保全を
訴えるのはおかしいことだ。
「自然保全の意識があって当たり前」なので。


・魚に貴賎はない。多くの魚種をどれも大事にしていく、
観察する、真剣に釣り上げることで、いろんなことが
見えてくるはず。
また、周りの環境変化も込みで観察していかないと
釣れる魚も釣れない!
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]