忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
机の整理をしていたら、エアギター世界大会inフィンランドに出場した
愛すべき婦女子よりお土産で頂いた、フィンランドの釣り新聞が見つかったのでUp。
どうもルアー釣り専門誌。
fin1
パイクやシートラウト、写真のスヌーク+パーチ+タイリクみたいな魚がメイン。
シートラウトの漁獲関連?データも細かい字でギッシリ。読み応えありそう。
・・・読めねえけど。
Fin2

フィンランドといえば、ルアーマンなら当然ラパラですよ!!
みたいな感じかもしれんが、それは「ラパラ解体新書」(当然買ってます)に
任せておけばよい。
むしろ、この釣り新聞の中にラパラのラの字も出てこないのは一体何故なのか。
地元のルアーやエヴィンルードのエンジン、シマノリールにスバルRVの広告は
出ているのですが・・・

で、普通フィンランドといえば、スオミ~ムーミントロール路線、それと
相反するようでリンクするモダンアート・デザインファニチャーである
アラビアマリメッコを始めとする秀逸なコンテンポラリーアート群、
そのIT派生であるノキアなどなど・・・
婦女子にはそれ系の資料をだいぶかっぱらってきてもらった。

フィンランド行ったらいろいろ観ないと損するみたい。

で、辻井さんの引用によると、
「遊漁施策等に関する研究会(第6回)」

>報告
>1.大森政之(明治大学)
>「英国内水面漁業・遊漁制度の概要」

>2.宮澤晴彦(北海道大学)
>「北海道におけるサクラマス船釣りライセンス制の検証」

>3.田中深貴男(埼玉県農林部生産振興課)
>「埼玉県での遊漁の現状と課題」

>司会 工藤貴史(東京海洋大学)

>はじめに3題の報告を行い、その後、会場の参加者を交えた質疑応答、
>意見交換を行う予定としている。

ということで、3題のうち2つまでは現場の報告によるもののようだ。

個人的には「雑魚」の扱いをどうするのか?を知りたいところである。

そういえば、スナフキンって静かな森の釣り人だよね。
Fin3
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
・・・ブラウンじゃなくてイトウかもしれん・・・
助けて セノウ先生!
ぴ~2 2006/06/30(Fri)23:33:14 編集
エアギター世界大会inフィンランド
お座敷芸だと思ってたのに発祥地がちゃんとあったんだ…。
エアギターって熱い(w

記事の中身より、リンク先のほうがインパクト大な私…。
CHAOS-DIVER URL 2006/07/01(Sat)23:29:29 編集
奴らは本気DEATH
金剛地さんやローリー(寺西)のアツさは半端ではないと。

サブカルゥ~~
ぴ~2 2006/07/01(Sat)23:42:21 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]