忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[125] [124] [123] [122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115]
このブログは「釣りの行方」なのですが、
別の話題を継続して取り上げるために、いちいち違うブログを
作るのも面倒です。
なので、カテゴリー分類を別途にしまして
こちらへ書きます。

高知県の東に東洋町という町があります。
最近、核廃施設の件で話題になった自治体です。

一般論として、自分が住んでいる地方自治体に
核廃施設調査云々の話が持ち上がったとしたら・・・・
まず最初に生理的反応として「NO」が大半でしょう。
理屈の上では、原発が日本で稼動している以上、
どこかの自治体がその処理保存に関して
泥を被らねばなりません。
しかしながら、自分が住んでいる土地にその話が持ち上がった!
なら、泥を被るのを未然に防ぐよう行動するでしょう。

東洋町における核廃一連の騒動は、
理で計るよりもそういうラディカルな部分が
発端であるように思います。

多くの人々が認めているように、
「核廃を止められるなら誰でもよかった」


もし本当にそうならば、何故澤山保太郎氏でなければ
ならなかったのか?
そこに歴史的必然があるとは思えません。

誰でもよかったのなら、彼でなくてもよかったはずなのに。

何故なのでしょうか。

まず、最初はこちらから。

沢山保太郎(ウィキペディア) 
ヤスタロウの東洋町長日誌(公式ブログ)
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]