忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]
(細川続き)
「あと・・・もし決まったらですよ?
もし最悪の場合・・・僕、最悪の場合を考えるのが好きなんで(笑)
もう採ったらあかんのやと。ということも考えとかなあかんと
思います。
採ったらいかんなったらどうするか。
僕個人の考えですよ。
特別採捕っていうのがあるんです。学術目的で採って、そのデータを
行政に掲げていく。その特別採捕の許可をここに居られる方たちで
とってもらう。データを県側に整備してもらう。それを何年か続けて
いって増えた減ったを面倒見てもらおうやないかと、思ったりもします。
まあ、悪い方に転がった場合にはまた会なりを開いてお願いするかも
しれないので、その時にはよろしくお願いします。

なんか意見ございますかね・・・お願いします。」

(参加者より挙手)

(細川)
「どうぞ」

(Aさん)
「タグ&リリースなんですけど、僕はタグ&リリースしたほうが
よりわかりやすいという意識があるんですけれど、釣り場で会った方に
言われたのが、タグ&リリースのタグが付いてると、県外から
来られた人が初めて釣った魚がタグが付いてるんで、それが残念だと
思う人も実際にはいるらしいんです。その人たちがここに集まってる
方のような意識を持ってるかといえば・・・話を聞いた中では、
自分が釣ったアカメのタグは引き抜いているという人が
いらっしゃるんですよ。タグ&リリースしても意味がなくなると
思うんで・・・そこを許せる人がどれだけいるのかとかを知って
おかないと、タグ&リリースしても情報が返ってこないし、
引き抜かれて・・・やっても意味が無いかなと思ったんですけど、、
タグ&リリースする時に大きさと重さを計って、次採れた時に
大きさと重さを計れば、どれだけ成長したとか、体重がどれだけ
増えたとか分かると思うんで、アカメがどういうふうな行動を
しているか、例えば産卵行動とか判りやすくなると思うんですよ。
今、どこで産卵しているかすら判ってないという現状なんで、
もし例えば6月産卵前に釣れた魚がいて、お腹がタプタプしてた。
体重を量ると10キロあった。その次もしかして一週間後に釣れると
したら、その体重を量ったとしたら、一気に2キロくらい体重が
落ちてる。ということになると、その一週間に産卵行動があった
かもしれない。というような推測はたつんですけれど、それが
できることである程度範囲を絞って調査というのは進められて
進めやすくなっていってると思うんですけれど、その意味では
タグ&リリースはやったほうがいい。
タグ打ちが産卵に影響があるのかどうかはわかんないですけど、
まあそういうところを検討してもらって、浦戸湾ではこういう
活動をしているので、というのを大きく広めてもらったほうが
いいかなと、、ある程度全部が全部やる必要はないと思うんですが、
浦戸湾が一番多いなら、浦戸湾ではこうします!っていうので
やれば、まあ多少移動の幅があって他のところでタグが付いた魚が
釣れるかもしれませんが、そういう方法もあると思います。」

(細川)
「ありがとうございます。
そうですね・・・その周知徹底、条例の拡がり方もそうなんですが、
それが一番難しいというか、実際に知らんかったと言われれば終わり
なんで、それをどうするかというのはあると思います。
まあ今思いつきですが、やる地域をものすごく絞って、今言われた
ように浦戸湾なら浦戸湾に区切って、例えば浦戸湾やったら県外の方が
お店に来られますやんか、何らかの情報を持ってる。
そこの繋がりの中で周知徹底を図っていく、というやり方もあると
思います。最初はできるだけ規模を小さくして、それが成立したあと
どんどん善意の輪じゃないですけど、成功した段階で持っていくと。
というのがいいと思います。
タグ&リリースもそうなんですけど、その予算が下りなかった時とか、
お願いしますといっても大分時間が掛かると思うので、その前の
段階として・・今ちょっと名刺をお借りしますが・・・
名刺大のカードを作っておいて、例えば、いついつ採れたとかいうことを
書いてもらって、釣具屋さんに置いてもらう。
サンプルというか、ちょっとした切片も最初は釣具屋さんに預かって
もらって、例えばそれを長野さんへ持っていくとか、、、
できるだけできることを。本来、もう釣りたいわけで・・・
それは僕も分かるので・・・
手間が掛からない方法で、お金が掛からない方法を考えた場合、
最初はカードだけで済ませる方法にしておいて、それから実績を
積んでから例えばタグ&リリースを浦戸湾だけでやる、で、それ
行けたら、東部行って、西部も行けて、という感じやといいと。
個人で思ってるのは名刺カードの奴は個人レベルでやろうかなと。
どうせ500円も出してパソコンで打ち出せば済むことなんで。
それは色々話を伺った中でやってみようかなと思ってます。」
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]