忍者ブログ
・・・釣り人は、どこへ彷徨くのか?・・・
[88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78]
(長野)
「Nさん・・・(はい?)あの・・・
研究者との協力のがで、ちょっと話してもろうたら・・
(なんもいうことないですよ)そういわんと(笑)
(すんません、ほいたら・・・)」

浦戸湾 Nさん
「浦戸湾で釣りをしているNです。よろしくお願いします。
あのー、先ほどのタグ&リリース、その明確な利点をキッチリと
出さんと、これはなかなか骨が折れるぞと。
というのはね、例えば高知県から他の県へ行くっていうのは
あまりないでしょ。高知県沿岸だけ。
浦戸湾が基点であっても、先ほどおっしゃったように産卵行動、
それがもし外洋であれば、それはなかなか捕獲は難しいでしょう。
で実際にね、釣った魚を愛媛大とか高知大とかに一杯出した、
という時に、産卵途中の個体というのがものすごくあるわけ。
長い時間に産卵してるんよ。
それと、浦戸湾・・・まあ僕らの感覚の現状やけれども、
実際の数字とかは全く無いんやけどね、5月の後半ぐらいから
川のほうへどんどん魚が上っていく。で、5月後半から
6月くらいに場所に拠ってはね、1万匹ぐらい魚がいる。
込み潮。誰が見てもたぶん観えると思う。
で、それ観てない人は、どれぐらい魚が居るかわからんはず。
観てる人はね、こんなのから(40cm大)からこんなの(1m)。
浦戸湾、実際にウチらのメンバー今日何人か来とるんやけど、
飛び跳ねとるからね。飛び跳ねとる奴は魚を食っとる。
舟、櫓漕いでチヌ釣っとるでしょ。
チヌ釣っとるおんちゃんの向こうっ側で跳んでるのが舟くらい
ある。そんなん観とる人何人もおる。
写真も無し、何も無いから、現状ではそんなモン嘘やろ!?と
思う。でも観た人間は、、あれ何やろ、シルエットはアカメや、
アカメしかない。こんな奴で?(畳一畳のイメージ)
実際釣ってないから、2mあるかはわからんけど、、まあ
そういう魚は獲り難い。漁師のおんちゃんは切られて網を
破られる。・・・アカメはね、なかなか市場へ出んというのは
金額的に言うたらスズキと一緒。スズキと同じやけど、
なんで市場価値が無いかというたら、高知県の場合、鱗の大きい
魚は不味いといわれる。
それと、料理屋さんで料理するのに、ものっすごい時間が掛かる。
ちっちゃかったら鱗取ってぱっとやるんやけど、、研究されてない
のはそこらへんもあると思うんですよ。
あと、メスオス?
産卵の場所・・・って僕らはあんまりよくわからんのやけど、
長野さんやったら詳しいけ、もうずっと調べて、10年来の先輩
なんやけど、、やっぱり浦戸湾だけやのうて、いろんなとこで
産卵すると思うがですよ。ただその産卵後の稚魚がコアマモ場
・・・がメインだろうとは思うんやけど、ひょっとして外洋で
大きくなっとったかもわからへん、外洋というのはちょっと
おかしいけど、近くの岩場で大きくなっていたかもしれへんよね。
で、そういうのはなかなか採りにくい。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
ぴ~2
性別:
男性
自己紹介:
↑小川健太郎が
我が家の家紋にと。
忙しそうだが
元気でやってるのかしら。


高知県在住の
チンケな釣り人です。
別名 細川裕史とかや。


一般には、《外見》に惑わされない
ようにしなければなりません。
あるオブジェを選ぶというのは、
たいへんむずかしい。
半月後にそれを
好きなままでいるか、
それとも嫌いになっているか
わかりませんからね。
美的な感動を何にも
受けないような無関心の境地に
達しなければいけません。
レディ・メイドの選択は常に
視覚的な無関心、
そしてそれと同時に好悪を
問わずあらゆる趣味の欠如に
基づいています。

マルセル・デュシャン
「デュシャンは語る」より
アクセスカウンタ
ブログ内検索
アクセス解析
Mail フォーム
忍者ブログ [PR]